広島歴史探索の後は、お好み焼き「そば肉玉」じゃね

面白かったこと楽しかったこと感動したこと疑問に思ったこと書いていきたいと思ってます。時々、広島弁出ますけど

史跡探訪

新庄之宮神社、広島市被爆建物として後世に受け継がれています。

新庄之宮神社は、社叢は夫婦楠も含めて常緑広葉樹、落葉広葉樹の木々からなり、ビルに囲まれた大通りから車窓からでも目を見張る鎮守の森です。 おそらくその昔、雲石街道を北上する目印になったでしょうね。 sobanikutama.hatenablog.jp 新庄之宮神社は、天…

原爆ドーム、保存工事始まっていました。

平和公園、原爆ドーム保存工事が実施されています。 1ヶ月前は、どうだったかしら? たしか、まだ足場は組まれていなかった気がします。 昨日、訪ねますとご覧のようにしっかりと足場が組まれていました。 1915年(大正4年)に広島県物産陳列館としてのちの広…

三瀧寺の龍神様です。

三瀧寺、龍神堂におられた龍神様です。 今年の夏訪れたときには気が付かなかったです。 龍神様に呼ばれました。 龍神真言唱えさせて貰いました。 主人にも、うまく唱えられなくてもいいから3回唱えてみて、 って教えてあげました。 龍神様、喜んでくださった…

三瀧の「補陀洛の庭とお茶室」特別拝観での浄財は被爆建物の修復工事に当てられます。

三瀧の「補陀洛の庭とお茶室」の特別拝観でのお茶会で頂いたお抹茶は、 お茶室の板戸に記されていましたのを読みますと、 お茶会で頂きました浄財は、今年より始まりました「被爆建物」四棟の修復工事に当てさせて頂きます。 と記されています。 さらに、 古…

三瀧の観音さん、今日のみ多宝塔「木像阿弥陀如来坐像」御開帳中でした。

三瀧寺の紅葉みに行ってきました。 三瀧山の谷間に位置する三瀧寺は、私達、三瀧の観音さんって親しんでいます。 真言宗高野山派の古刹です。 今回、一年に一度だけ今日、多宝塔の 「木像阿弥陀如来坐像(国・重要文化財)」 一般公開されていました。 「安…

旭山神社の1800年前の神功皇后から始まり広島城鯉城へそして「われらのカープ」へ

旭山神社にあります表示板には、前々回、前回に続いて、続きがあります。 そこには、 《旭山神社の特徴》として書かれています。 いにしえ、この旭山は松がおおう神秘的なまで美しく、眺望も素晴らしい岬だった。 ここに神功皇后を案内したことから、その後…

毛利元就、厳島合戦への必勝祈願するまさにその時、、、旭山八幡宮と称された所以です。

旭山神社は、毛利元就とも縁の深いところです。 神社にあります表示板、 旭山の神社の沿革より 《旭日にちなみ旭山とする》 弘治元年(1555年)10月朔日、毛利元就が陶晴賢と厳島にて合戦の折、 元就、郡山より出陣の道すがら、此の社に打ち上り戦勝祈願するま…

神功皇后、「おお!鯉!鯉!」と大変喜ばれました。

旭山神社、石段およそ200段だそうです。 途中踊り場がありまた私きょろきょろしながら登りましたので意外にきつくはなかったです。 とは言え、途中少しはぁはぁと息が上がりました。 登りました先に拝殿があり、初めてのお参りなのにどこか懐かしさを感じ…

広島博(昭和33年)のポスター、広島駅南口工事フェンスに描かれています。再現された広島城が目玉だったそうです。

広島駅南口歩くのは少なくとも今年初めてだと思います。 ニュースでは、駅ビルのリニューアルのため解体工事が始まっていたのは知っていました。 フェンスには、広島の歩みの写真パネルが続いています。 昭和33年に開催された「広島博」広島復興大博覧会の写…

邇保姫神社、秋祭りよごろに行ってきました。稲穂には「霊穀(ちから)」があります。

10月最後の土日は、実家での神社は毎年秋祭りでいつも賑わっています。 子供のころは、お祭りの日は着物を着せてもらい、鈴のついた飾り帯を締めて頭には大きなリボンの頭飾りをのっけて、薄らとおしろいをぬって口には紅もつけてもらって神社に行ってました…

「武田氏ゆかりの史跡」尾首日吉神社に行ってきました。

JR可部線の古市橋より南側の踏切を越えまして、武田山目指して進みますと、 すでに、参道になるのでしょうか、だんだんと道幅も狭くなり、緩やかに山道になっていると思っていましたら、 神社目前に坂道も急な勾配となり、乗って自転車をこぐことはとても難…

「熊野神社」被爆建物です。領主武田氏によって創建されています。

旧道(県道277号線)沿いに「熊野神社」があります。 街道を歩いていましたら、ひっそりと参道が目にとまります。 自転車で行きましたので、車止に置きまして参拝しました。 熊野神社は、被爆建物です。 広島には多くの被爆建物があります。爆心地から4800m…

県道にあります「いぼ地蔵」、この地蔵さん「投石地蔵」とも言います。武田光和が武田山から投げた石がお地蔵さんに。

道ばたに何やらお地蔵さんみたいなのってありますよね。 県道277号線、国道54号線の祇園新道が出来るまでは、今の国道183号線を国道54号線と言ってまして、 通称新道と旧道って言ってました。 その旧道(県道277号線)に、小さな祠があり、Googleマップで見…

安芸武田氏ゆかりの史跡「楊柳観音」訪ねていきました。

武田氏ゆかりの史跡で、 広島市安佐南区西原に「楊柳観音」さんがおられます。 冬木神社に隣接して同じ敷地内におられます。 楊柳観音とは、三十三観音の一つで、病苦からの救済を使命とされているそうです。 ここにいらっしゃるだけで、私達の苦しみを救っ…

広島元宇品から臨む黄金山です。かつては仁保城がありました。

昨日は、初秋の少し暑さの残る穏やかな日でした。 広島市南区元宇品から臨む黄金山(おうごんざん)です。 かつては、広島湾に浮かぶ島でして、仁保城がありました。 安芸武田氏の警固屋衆であった白井氏の支城であったといわれています。 武田氏滅亡後は毛…

安芸武田氏ゆかりの神社「新羅神社」地元の人に大切にされてきたのがよくわかります。

安芸武田氏ゆかりの神社、 「新羅神社」 参道の入り口の名前の彫ってありました石碑の下に目を落していくと、 何とユニークな、石神様なのでしょうか? こういったのも道祖神になるのですかね。 何気なく、手まりくらいの石像がおられます。 ポッとおられま…

安芸武田氏ゆかりの神社、新羅神社。武田氏の先祖、清和源氏源義光が祭られています。

先日行きました武田元繁が崇敬しました熊岡神社の道標からさらに武田山を進みまして、 sobanikutama.hatenablog.jp 徐々に坂が急になり、 家が建ち並ぶ車一台くらいしか通らない細い道を登り、 途中左に折れましてさらに進みますと小さな杜があります。 「新…

亀さんに最近よく出会います。これは、何かよいお知らせですかね。

早い物で、気が付けば9月もあと五日です。 ところが、一週間を区切ってみますとやっと金曜日です。 とにかく一週間が長く感じます。 毎年、9月は夏の疲れが出る頃です。 今年はどうでしょう。長い梅雨が明けてかっと暑くなり、台風と共に短い夏は終わり一気…

ある日、空を見上げたら松の大木に鞘が、、、「空鞘稲生神社」

空鞘神社、そらさやと読みます。 正式名は空鞘稲生神社です。そらさやいなおじんじゃと読みます。 この辺りは空鞘町といってたそうです。 その隣町が鷹匠町です。 いずれも昭和40年4月1日に町名は廃止されました。 昔の名残の名前が消されていくのは何とも忍…

空鞘神社にあります出雲大社への道標。

いつもは、休日に家にいる主人を尻目にぷらっと出かけます。 気ままに広島の街を歩いています。 先日、敬老の日9月21日(えっ?敬老の日は9月15日ではないの?毎年、こんなこと私言ってます。)に、お墓参りの車中で、 「空鞘神社、出雲大社への道標あるの知…

広島城天守閣の「THE KOSHIRAE」行きまして、太刀と刀の違い、少し分かってきました。そして私なりに帯の発展も分かってきました。

昨今の刀剣ブームで、あまり分かっていない私ですら刀剣に触れることが間々あります。 太刀と刀の違いをその都度聞いて、その時は理解したような気になってますけど、 後から刃が上がどっちで下がどっちだったかしらって悩んでしまいます。 詳しい方からした…

広島城天守閣、博物館「THE KOSHIRAE]催されていました。

広島城天守閣は、博物館になっています。 甲冑や刀剣、武士の生活など常時展示してあります。 その中でも福島正則公の「呑み取りの槍」で有名な「日本号」の写しが常時展示してあります。 一言で写しと言っても、全く引けをとる物ではなく槍の穂に施された細…

熊岡神社、安芸国の守護武田太郎左衛門元繁により銀山城守護神として武田家一門の崇敬した神社です。

広島市安佐南区祇園にあります「熊岡神社」です。 可部街道の西原8丁目の信号の三叉路を西に伸びていますこの道路を産業道路といいます。 この産業道路を進みますと武田山が迫ってきます。 武田山麓に「熊岡神社」があります。さらに進みますと武田山に面し…

「広島アンデルセン」4年半ぶりにオープンしました。

8月1日、4年半ぶりに「広島アンデルセン」オープンしました。 今日、8月2日紙屋町に出かけましたついでに、広島本通りへ足を伸ばして、「広島アンデルセン」へ行ってみました。 今年3月だったかしら、広島本通りのアーケード抜けたさいには、まだ工事のフェ…

気が付けば梅雨です。2年前に行きました「三景園」今年は「花まつり」中止だそうです。

今週のお題「外のことがわからない」 気が付けば、梅雨ですね。 しかも、6月です。 今年も半分過ぎました。 玄関でましたら、しとしと朝から雨です。 いつもの、梅雨の雨は、憂鬱にはなりますが、それでもどこか楽しんでたり、 降りしきる雨にどこかセンチに…

広島市安佐南区に流れます疎水。八木用水と言いまして元来は農業用水路です。

国道183号線より、西側に古川に平行して疎水が流れています。 古川はやがて広島市の主流であります太田川へと流れていきます。 その疎水のことを八木用水といい、広島市安佐南区東部の八木(やぎ)から長束(ながつか)の間をおよそ16.3kmに及びます。 この地…

令和になって一年たちました。

令和になって、今日で丸一年です。令和元年5月1日広島平和公園です。令和に変わり、平和公園沢山の人、人でリニューアルした平和記念館に多くの人が並ばれてます。令和天皇即位されたとのことでなんだか活気あふれていた感じありました。広島護国神社は、…

聖光寺、広島藩幕末の志士 高間省三「皇国の興廃は今日にあり」(二葉の里、歴史の散歩道)

聖光寺には、もう一人広島藩の武士で幕末の志士、高間壯士之碑と高間省三正忠之墓があります。 大石内蔵助親子のお墓にばかり注目を浴びていますけど、 この二葉の里を歩きましたのも、このお墓にお参りしたいとの思いもありました。 広島護国神社の筆頭祭神…

「竹原街並み保存地区」初代郵便局跡

広島県竹原市「竹原街並み保存地区」にあります初代郵便局跡です。 今年のおひな様のころ行きました。 このポスト、明治4年使用していたものと同じ型だそうです。 ポストではなくて書状集箱ってのがいいですね。 この書状集箱今でも投函したら、取集しても…