広島歴史探索の後は、お好み焼き「そば肉玉」じゃね

面白かったこと楽しかったこと感動したこと疑問に思ったこと書いていきたいと思ってます。時々、広島弁出ますけど

神社仏閣めぐり

正月三が日、安神社に初詣行ってきました。

お正月三が日ともなるとさすがに退屈してきました。 初詣、分散して行きましょうとか言われていますし、昨年暮れに幸先詣で済ませましたので、何となくどうしたものか出そびれてしまっていました。 そんなぐずぐずしてましたら、 さすがに、体がなまってきて…

2021年幸先良く迎えられますように、邇保姫神社「幸先詣」行ってきました。

広島市南区にあります邇保姫神社、今年は、新型コロナウィルスの感染拡大に伴って、新年の初詣は、分散という形がとられています。、 新年を「幸先良く」迎えましょうと、幸先詣ということで年末の今日行ってきました。 姉と散歩がてら、自動車道側から昇り…

昨日は冬至、一年の節目です。この一年すでに始まっています。

昨日、冬至を迎え今日から少しずつ日が長くなっていきます。 より寒くなりますけどどこか春を感じるようになります。 冬至には、伊勢神宮の宇治橋前の大鳥居の中央から朝日が昇ってきます。 二見輿玉神社夫婦岩の中央から月が出てきます。 夏至には、その逆…

新庄之宮神社、広島市被爆建物として後世に受け継がれています。

新庄之宮神社は、社叢は夫婦楠も含めて常緑広葉樹、落葉広葉樹の木々からなり、ビルに囲まれた大通りから車窓からでも目を見張る鎮守の森です。 おそらくその昔、雲石街道を北上する目印になったでしょうね。 sobanikutama.hatenablog.jp 新庄之宮神社は、天…

広島市市街地にあります新庄の宮神社の「夫婦楠」です。

広島市西区、可部街道を北上していましたら、 市街地で、車の往来の激しい大通りに面した市街地の一角に大きくせり出した大楠を見ることが出来ます。 広島市西区大宮にあります新庄の宮神社です。 夫婦楠です。 西側(写真では右側)が夫楠で、 東側(左側)が妻…

三瀧寺の線香「龍水香」。

三瀧寺の線香です。 「龍水香」 若草色の線香がとても穏やかな気持ちにしてくれます。 三瀧の水音が聞こえてきそうです。

三瀧寺の龍神様です。

三瀧寺、龍神堂におられた龍神様です。 今年の夏訪れたときには気が付かなかったです。 龍神様に呼ばれました。 龍神真言唱えさせて貰いました。 主人にも、うまく唱えられなくてもいいから3回唱えてみて、 って教えてあげました。 龍神様、喜んでくださった…

三瀧の観音さんで買いました高野山の「ごまとうふ」です。

三瀧の観音さん、補陀洛のお庭で買いました高野山の「ごまとうふ」です。 さっそく、頂きました。 説明書きには、すりおろしたわさびをのせと書いてありましたけど、我が家ではチューブの練りわさびしかなくて、しかもいつ買ったのかよくわからない練りわさ…

三瀧の「補陀洛の庭とお茶室」特別拝観での浄財は被爆建物の修復工事に当てられます。

三瀧の「補陀洛の庭とお茶室」の特別拝観でのお茶会で頂いたお抹茶は、 お茶室の板戸に記されていましたのを読みますと、 お茶会で頂きました浄財は、今年より始まりました「被爆建物」四棟の修復工事に当てさせて頂きます。 と記されています。 さらに、 古…

三瀧の観音さん、「二之瀧 梵音之瀧 補陀洛庭」特別拝観。

三瀧の三つの滝のひとつの「二之瀧 梵音之瀧 補陀洛庭」が、年に一度、今年は昨日の11月22日、特別拝観となっています。 この 「補陀洛の庭」は『華厳経』に説かれる観世音菩薩の浄土「補陀洛」を表し、別名を立石の庭と言います。 石組みの多くが瀧との整合…

三瀧の観音さん、今日のみ多宝塔「木像阿弥陀如来坐像」御開帳中でした。

三瀧寺の紅葉みに行ってきました。 三瀧山の谷間に位置する三瀧寺は、私達、三瀧の観音さんって親しんでいます。 真言宗高野山派の古刹です。 今回、一年に一度だけ今日、多宝塔の 「木像阿弥陀如来坐像(国・重要文化財)」 一般公開されていました。 「安…

澄んだ空に秋色が映えます。

広島城本丸、護国神社前、澄んだ空に秋色が映えます。 3週間ぶりに訪れると、すっかり木々色づいていました。

旭山神社の1800年前の神功皇后から始まり広島城鯉城へそして「われらのカープ」へ

旭山神社にあります表示板には、前々回、前回に続いて、続きがあります。 そこには、 《旭山神社の特徴》として書かれています。 いにしえ、この旭山は松がおおう神秘的なまで美しく、眺望も素晴らしい岬だった。 ここに神功皇后を案内したことから、その後…

毛利元就、厳島合戦への必勝祈願するまさにその時、、、旭山八幡宮と称された所以です。

旭山神社は、毛利元就とも縁の深いところです。 神社にあります表示板、 旭山の神社の沿革より 《旭日にちなみ旭山とする》 弘治元年(1555年)10月朔日、毛利元就が陶晴賢と厳島にて合戦の折、 元就、郡山より出陣の道すがら、此の社に打ち上り戦勝祈願するま…

神功皇后、「おお!鯉!鯉!」と大変喜ばれました。

旭山神社、石段およそ200段だそうです。 途中踊り場がありまた私きょろきょろしながら登りましたので意外にきつくはなかったです。 とは言え、途中少しはぁはぁと息が上がりました。 登りました先に拝殿があり、初めてのお参りなのにどこか懐かしさを感じ…

「ズッコケ三人組の神様体験」のモデル地点旭山神社です。

広島市西区の己斐にあります旭山神社へ行ってきました。 JR山陽本線西広島駅で降りて10分くらい歩いてすぐです。 西広島駅は以前は己斐駅と言っていました。 広電(広島電鉄のことを通称でこう言ってます)電車西広島駅と道を隔てて隣接しています。 広島市内…

邇保姫神社、秋祭りよごろに行ってきました。稲穂には「霊穀(ちから)」があります。

10月最後の土日は、実家での神社は毎年秋祭りでいつも賑わっています。 子供のころは、お祭りの日は着物を着せてもらい、鈴のついた飾り帯を締めて頭には大きなリボンの頭飾りをのっけて、薄らとおしろいをぬって口には紅もつけてもらって神社に行ってました…

猿田彦珈琲、ついつい買っちゃいます。

道ひらきの神様で猿田彦大神さま、なんか好きなんです。 何年か前にお伊勢参りしたとき、猿田彦神社をお参りしてからです。 色々なところ歩いて猿田彦さん祀ってあると、あっ!って思います。 そして、ばっと前が明るくなる感じがします。 だから、、、 GEOR…

「武田氏ゆかりの史跡」尾首日吉神社に行ってきました。

JR可部線の古市橋より南側の踏切を越えまして、武田山目指して進みますと、 すでに、参道になるのでしょうか、だんだんと道幅も狭くなり、緩やかに山道になっていると思っていましたら、 神社目前に坂道も急な勾配となり、乗って自転車をこぐことはとても難…

「熊野神社」被爆建物です。領主武田氏によって創建されています。

旧道(県道277号線)沿いに「熊野神社」があります。 街道を歩いていましたら、ひっそりと参道が目にとまります。 自転車で行きましたので、車止に置きまして参拝しました。 熊野神社は、被爆建物です。 広島には多くの被爆建物があります。爆心地から4800m…

安芸武田氏ゆかりの史跡「楊柳観音」訪ねていきました。

武田氏ゆかりの史跡で、 広島市安佐南区西原に「楊柳観音」さんがおられます。 冬木神社に隣接して同じ敷地内におられます。 楊柳観音とは、三十三観音の一つで、病苦からの救済を使命とされているそうです。 ここにいらっしゃるだけで、私達の苦しみを救っ…

黒七味の原了郭は赤穂浪士原惣右衛門の一子です。そして惣右衛門嫡男は広島藩に召し抱えられています。

いつもブログ読んでくれている友だちから、 「黒七味、赤穂浪士と繋がる七味屋さんなんだね。」 ってメールきました。 えっ、そうなの? うどんおいしかった事ばかりで箱の中のしおり見てなかったです。 sobanikutama.hatenablog.jp 確かに、 元禄16年(1703…

宮島大鳥居修理工事終わったら、、、

広島プリンスホテル、中央ロビー吹き抜けになっています。 今回は、宮島大鳥居が模してありました。 本物ではないので、少し遠慮がちに鳥居がありました。 今、宮島では去年2019年6月から大鳥居修理工事で足場が組まれて鳥居は見ることが出来ません。 令和に…

安芸武田氏ゆかりの神社「新羅神社」地元の人に大切にされてきたのがよくわかります。

安芸武田氏ゆかりの神社、 「新羅神社」 参道の入り口の名前の彫ってありました石碑の下に目を落していくと、 何とユニークな、石神様なのでしょうか? こういったのも道祖神になるのですかね。 何気なく、手まりくらいの石像がおられます。 ポッとおられま…

安芸武田氏ゆかりの神社、新羅神社。武田氏の先祖、清和源氏源義光が祭られています。

先日行きました武田元繁が崇敬しました熊岡神社の道標からさらに武田山を進みまして、 sobanikutama.hatenablog.jp 徐々に坂が急になり、 家が建ち並ぶ車一台くらいしか通らない細い道を登り、 途中左に折れましてさらに進みますと小さな杜があります。 「新…

亀さんに最近よく出会います。これは、何かよいお知らせですかね。

早い物で、気が付けば9月もあと五日です。 ところが、一週間を区切ってみますとやっと金曜日です。 とにかく一週間が長く感じます。 毎年、9月は夏の疲れが出る頃です。 今年はどうでしょう。長い梅雨が明けてかっと暑くなり、台風と共に短い夏は終わり一気…

ある日、空を見上げたら松の大木に鞘が、、、「空鞘稲生神社」

空鞘神社、そらさやと読みます。 正式名は空鞘稲生神社です。そらさやいなおじんじゃと読みます。 この辺りは空鞘町といってたそうです。 その隣町が鷹匠町です。 いずれも昭和40年4月1日に町名は廃止されました。 昔の名残の名前が消されていくのは何とも忍…

空鞘神社にあります出雲大社への道標。

いつもは、休日に家にいる主人を尻目にぷらっと出かけます。 気ままに広島の街を歩いています。 先日、敬老の日9月21日(えっ?敬老の日は9月15日ではないの?毎年、こんなこと私言ってます。)に、お墓参りの車中で、 「空鞘神社、出雲大社への道標あるの知…

広島護国神社、双鯉と昇鯉の鯉、マスクしてました。

新型コロナウィルスで、マスク着用当たり前になってきました。 私、マスク、ほんとは嫌いなんですよね。 ですから、お家の中、回りに人がいない散歩、マイカー運転中は外しています。 広島城、静かにそこに、コロナの前も後もあります。 何も変わらずそこに…

安神社行ってきました。手水舎、柄杓取り除かれていました。それで改善、、、いいですね。

昨日久しぶりに、 そう言えばよく考えてみますと、 初詣以来です。 安神社、寄ってみました。 新型コロナウィルスの流行で、 手水舎、柄杓が取り除かれて、その代わり木枠で作られた箱から竹の筒が5本出てまして、 昨日は、その一つからチョロチョロっと水が…