広島歴史探索の後は、お好み焼き「そば肉玉」じゃね

面白かったこと楽しかったこと感動したこと疑問に思ったこと書いていきたいと思ってます。時々、広島弁出ますけど

歴史探訪

広島県北広島町、山深くに「尾関神社」があります。

広島県山県郡北広島町、宮瀬神社から大暮川に沿って上流へと上って行きますと、 どんどん山深くなっていきます。 10分も走らせますと、 山肌からわき出しています湧き水は、岩肌が真っ赤です。 鉄鉱石なのでしょう、 日本古来の製鉄たたらによって日本刀にふ…

宮瀬大明神の境内を斎けよ。

広島県北の北広島町、立ち寄りました宮瀬神社の境内には、 入南神社があります。 石碑には、 寛文4年(1664)6月11日 宮瀬大明神奉仕の神也 同社境内を斎けよとの 神示により入南〇〇より 遷し祀る医薬の神にす 〇〇霊験顕著なり (〇〇の部分がよく読み取れな…

あの日から77年邇保姫神社、みんなで護ろう手水舎(被爆建物)。

邇保姫神社の鳥居を潜り石段を上りますと、 被爆建物の手水舎があります。 爆心地から3.6キロです。 今は、この手水舎のみが残っていますが、 原爆直後は、拝殿も本殿も残り、被災された人の救護所となりました。 一瞬で地獄と化した広島市から市民は北へ西…

かつては広島湾に浮かぶ島、仁保島の鎮守としての邇保姫神社です。

広島市南区西本浦町の邇保姫神社です。 毛利輝元が広島の地に築城したころは、現在の広島市はほとんど広島湾で海でした。 福島正則公が広島の城下町の骨格を作り、広島藩浅野氏の時代には埋め立てられて新開地ができ現在の広島市は形成されてきました。 今は…

住吉橋のそばの水主町地蔵尊です。

住吉橋のすぐそばに「水主町六地蔵尊」が鎮座されています。 顎なし隠岐地蔵尊(歯痛) 子安地蔵尊(安産・子宝の恵み) 延命地蔵尊(長生き) 子育地蔵尊(学問) 賽河原地蔵尊(極楽ゆき) 伊豫立江(りつえ)地蔵尊(伊豫立江伝来) の六地蔵尊に加えて、 …

住民の熱い思いで架かりました「住吉橋」です。

本川を挟む住吉橋です。 江戸時代、浅野藩の頃は広島城防衛のために架橋は許されず往来は渡し船のみだったそうです。 明治43年(1910)、本川(旧太田川)を挟む両地元住民有志の出費を基に木造架橋が完成したそうです。 住民の思いから橋の袂に「記念塔」が建立…

いのちの根源、水の神様のすみよしさん(住吉神社)にお参りしてきました。

住吉神社にお参りしてきました。 頂きました参拝の栞より 栞には、 「いのちの根源、水の神」とあります。 御祭神は、表筒男命(うわつつのおのみこと) 中筒男命(なかつつのおのみこと) 底筒男命(そこつつのおのみこと) です。 御由緒は、 亨保18年(1733)に住…

今日は、原爆の日です。生き生きとした戦前の広島を!イメージしてみたいです。

今日、令和4年8月6日、77回目の原爆の日を迎えました。 そして、式典のテレビ放送が終わりましたら、 ある縁で贈って頂けることになっていました戦前の広島の地図のコピーが宅配便といっしょに届きました。 今は見ることの出来ない広島を、 父や義父が…

早稲田神社、弥生時代墳墓が発見され、神社に繋がる通りを縄文通りといいます。

早稲田神社境内に、弥生時代の古墳があります。 石積みを登りますと 広島県史蹟 彌生時代古墳跡と刻まれた石碑と四角い石棺跡のようなものがあります。 掲示板によりますと、 昭和32年9月、早稲田神社の再建工事中に発見された墳墓です。 表土の下1.5mの…

安芸武田氏ゆかりの神社「早稲田神社」です。

広島市東区牛田の早稲田神社です。 安芸国守護、銀山城主武田元繁が1511年創建しました早稲田八幡神社です。 武田山とは太田川を挟んで、アストラムラインの牛田駅より1キロ4~500メートルくらいはありますかね牛田早稲田にあります。 携帯のナビで…

安神社の狛犬さんに励まされて!

いつもの散歩で、 いつものように安神社にきました。 この日は何でしょう。 いつもの狛犬さん、キッと私を見てくれています。 季節の移ろいに付いていけないのでしょうか? 私事ですけど最近少し疲れていまして、 それでも、散歩をしますと元気になります。 …

静かな山里の春田八幡神社の参道に御堂があります。

広島県庄原の山里にあります敦盛の妻玉織姫のお墓のすぐ近くにあります春田八幡神社です。 春田八幡神社の鳥居と山門の間の参道途中に小さな御堂があります。 額には、 西霊山東光寺でしょうか? そして、 向かって左には、 薬師真言、 右には、 光明真言が…

敦盛の妻玉織姫のお墓の近くにあります春田(しゅんだ)八幡神社です。

平敦盛の妻のお墓をお参りましたら、 少し離れた所に鳥居がみえます。 八幡宮と神額には記されています。 鳥居を潜りますと、緩やかな上り坂の参道を進みますと、 山門があり、 石段を上り詰めますと、 社殿が見えてきます。 手水舎の手前のは、神楽殿があり…

敦盛、妻の玉織姫のお墓訪ねました。

寿永3年、一ノ谷の戦いで没した平敦盛の妻の玉織姫のお墓が広島県庄原市春田にあります。 私の車のカーナビでは検索できませんでした。 スマホのGoogleマップのナビで来ました。 とても、のどかな山里です。 近くまで来ましても案内板は一切なくて、 ちょう…

福王寺、大師を金色の亀が三拝の礼で迎えました金亀池と近くの稲荷社です。

福王寺、金亀池です。 島に浮かぶ弁天島があります。 弘法大師が池の水面を覗かれていましたら、金色の亀が浮かび、大師の足元に一礼して去り、これを3度、三拝の礼で迎えたそうです。 金亀池から、少し歩きますと、 稲荷社があります。 祠の中には、白いお…

福王寺、御影堂御開帳なさっていました。

福王寺、仁王門から上がりますと、 すぐ目に止りますのが、 とても大きな杉が並んでそびえ立っています。 広島市指定天然記念物「燈明杉」です。 福王寺は、弘法大師の開基と伝えられ、鎌倉時代以降は銀山城主、武田氏などの保護を受け、江戸時代初期の頃ま…

登り始めて1時間半、福王寺金堂みえてきました。

福王寺観音坂参道を登ってきますと、 駐車場に辿り着きます。 車ですと、ここまで上がれます。 この日は、大祭でマイクロバスが往復運転されていました。 「金仙の亀」です。 「弘法大師ゆかりのお山に永く住む金仙(佛の別名)の亀さんがおむかえしました。」…

福王寺、観音坂参道。原爆犠牲者の碑、落下傘が落ちた地点です。

可部バイパスから国道191号線へ入りずっと坂道を上って行きますと福王寺団地入口の信号を右折し仮設駐車場に車を止めます。 住宅街で友だちと待ち合わせて、住宅街を抜けますと彼女の道案内で進みますと、 福王寺観音坂参道案内の看板があります。 17丁…

福王寺、春の火渡り大祭です。

広島市安佐北区可部にあります金亀山福王寺の春の火渡り大祭に、行ってきました。 会社の同僚に誘われて初めて行ってきました。 福王寺は、811年ないし828年空海によって開基されました真言宗のお寺です。 とても、天気に恵まれ、 私も、火渡りしてきました…

戸坂千足は銀山城落城のきっかけとなった「千足のわらじ」から今も地名として残っています。

広島市東区戸坂側の太田川河川敷です。 太田川ゴルフ倶楽部のグリーンが広がっています。 こちらから、真っ正面に武田山がみえます。 ちょうどここら辺りは、広島市東区戸坂千足というところです。 せんそくではなくて、「せんぞく」と読みます。 銀山城落城…

狐瓜木豊穂稲荷社、お狐さんと精霊なる木の宿る神聖なところです。

狐瓜木豊穂稲荷社(くるめぎとよほいなりしゃ)です。 この辺りの住所表記は広島市東区戸坂くるめ木です。 狐瓜木神社からきていることを今回初めて知りました。 そして、けものへんに瓜とかいて「狐(きつね)」と書きます。 その「狐」と「瓜」と「木」とで「…

大年神社の鬼瓦の鬼と鶴亀です。

大年神社に向かいます途中の武田山です。 先週土曜日(4月2日)の桜です。 おそらく、今は散り始めているでしょうね。 sobanikutama.hatenablog.jp sobanikutama.hatenablog.jp 大年神社のそんなに大きくない祠に、とてもしっかりした屋根がかつては権勢を振っ…

大内氏、毛利氏ゆかりの神社、平山八幡神社訪ねてきました。

広島市安佐南区山本にあります平山八幡神社です 八幡様の神様、帯中津日命、品蛇和気命、息長帯比売命が祀られています。 周防の守護大内氏ゆかりの神社、毛利氏ゆかりの神社ということで訪ねてみました。 途中眞幡神社の大銀杏があまりに美しく色づいてまし…

赤穂浪士大石良雄の手植えの枝垂れ桜、阿久利姫輿入れの際手植えられたと伝えられています。

尾関山公園と道路を挟んで、浅野の家紋が入った立派なお寺のが見えます。 赤い屋根がとても美しく、石州瓦です。 中国山地走りますと、赤い屋根が目に止り出します。 高温で焼かれとにかく強いとされています。雪の多い中国山地にはとてもよい瓦です。 お寺…

三滝山を宗箇山といいます由縁

三滝山を宗箇山といいます由縁の山頂にあります「宗箇松」です。 平成の時代に復元されました「四代目宗箇松」です。 宗箇松(平成の復元) 広島藩浅野家家老で、茶人としても名高い上田宗箇(1563~1650)が同家上屋敷内に設けた茶寮「和風堂」及び藩主の別邸…

武田山麓で出会いました石棺の蓋石です。

武田山麓、山本地区を散策してましたら、石棺の蓋石があります。 蓋石の隣には石盤があります。 それによりますと、 石棺の蓋石 昭和3年5月当所山王権現別稱 日吉神社跡古墳より出土の石棺の一部 副葬品 蛇紋鏡 一、 直刀 二、 槍 二、 つなぎ環 二、 管 二…

極楽寺山の続きです。全国行脚されているお大師さんの像です。

先週訪ねました極楽寺山の続きです。 駐車場に車を止めまして、「新四国第七番 安芸西国第四番 極楽寺」「本尊 千手観音 阿弥陀如来」と記された2本の石柱を通りますと自然歩道です。 入口すぐに、御大師さんがおられます。 修行大師とあります。 台座には…

極楽寺山、大蛇の伝説があります蛇の池の睡蓮です。

広島市の西広島バイパスから広島県廿日市市の速谷神社へ車を走らせ、極楽寺山へ登ることが出来ます。 途中長野ループといって大きく廻り、車のカーナビでも示してありますように幾度も旋回しながら登りますと、 杉林を潜り随分上がって、標高693mの極楽寺山…

胡子神社は、福島正則公が吉田町の守護神「えびす神」を勧請したのが始まりです。

えびす通り商店街のビルに挟まれたように鎮座されていますのが、胡子神社です。 毎年11月に胡子大祭が行われます。広島三大祭りの一つで私たちは「えびす講」とか「えべっさん」って言ってます。 去年は、コロナウィルスの感染拡大のため縮小されて催され…

安芸國沼田郡中須村、中須稲生神社にありました絵図です。

中須稲生神社のお社に掲げてありました安芸國沼田郡中須村の絵図です。 今の広島市安佐南区中須は、安川と古川の合流地点からJR可部線沿線までの範囲で、 緑井、川内、中筋、古市、大町に囲まれています。 安芸国沼田郡とありますから江戸時代の絵図ですかね…